FC2ブログ

Entries

すべてが自然に流れているん・・・やね!

昨日山へ行ったんですが、山は荒れ放題やっぱりマッタケは出てきてくれませんでした。

 『山には雑茸(マッタケ、シメジ以外の食用きのこ)も毒キノコも全くないんです。
 僕んちの山の全てのきのこらが
 「マッタケさん、あのマッタケ 大だぁ~~い好き名人のために出たげて!」
 っと自分たちを犠牲にし、期待を一身に集めやっと出てきたマッタケは、
 鹿から逃れるために松葉で身を隠し、雨で腐ったり乾燥で虫が入らぬよう、
 ひたすらひたすら健気に名人の来るのを待っていたのです。
 
 マッタケや山の気持ちを知り尽くしている名人は一目で見つけ、
 親指と人差し指を土の中につっこんで、石づき(根元)近くを持ってゆぅ~くり ゆぅ~くり
 揺らしながら「よぉ待っといてくれたなぁ・・・
 鹿や天候や人(泥棒)からよくぞ耐え忍んでくれたなぁ おおきに、おおきに、、、」
 石づきが折れないよう、健気な子をやさしくやさしく採りました。

 この健気な一人娘もその日のうちに、お医者さんちに嫁入りさせました。 
 きっと嫁ぎ先のお医者さんは名人の健康を気を付けてくれるので、
 来年も名人は山へ健気な娘を探しに行けまっしぁろ・・・!!
 ほんとぅ 名人孝行な娘でした。。。おきにぃ おおきにぃ
 
 ブログねたになってしまったんで、近々ブログに書き換えますね!』

m2.jpg

先日145gのマッタケを採ったときfacebookに書いた文なんですが・・・

 
行かなくても目を閉じれば過去50年以上の山々の光景や全てのコバが目に浮かぶ僕ですが、

来年も僕が荒れ果てた山々を憂い、人も動物も植物も自然も持ちつ持たれつ
それぞれを思いやり少し引いて『これぐらいにしといたろか・・・』
ってやっていた健全な昔に思いを馳せながらほっつき歩きに来てくれるように、

このマッタケやっぱり去年の1本同様、
僕んちの山々の期待を一身に受けて、出てきてくれたんやなぁ・・・!

 代々の石碑の前や父親の墓の前では何の尊厳畏怖も感じない僕ですが、

ほんの100m離れたマッタケ山に入ると、尊厳や畏怖を感じ荒廃した自然や人心を憂い
生き生きとした木々の緑ふんわか温かく積もった松葉を借景に

凛として出ているマッタケや微笑んでる父親が目に浮かび、
森閑とした山の中に「むっちゃんよぉ~っ」って父親の声が聞こえるんです。。。。。。。

m1.jpg




スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://deepsouthusa.blog.fc2.com/tb.php/41-afb70444

トラックバック

コメント

[C42]

凄い松茸(((o(*゚▽゚*)o)))
  • 2013-11-16 18:25
  • Tomo
  • URL
  • 編集

[C45]

マッタケHP更新しますね!乞うご期待!!
  • 2013-11-18 09:20
  • Mussan
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Deep South

Author:Deep South
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

FC2拍手ランキング

FC2拍手ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR